2015年07月06日 14時30分 公開
特集/連載

動画:学校IT活用を無理なく進める「4つのステップ」とは? 古河市教委の平井氏が力説「iTeachers TV」最新番組紹介

小中学校へのタブレット導入を進める古河市。タブレットをはじめとするIT活用を無理なく進める方法とは? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。

[TechTargetジャパン]
画像 iTeachers TV第9回は古河市教育委員会の平井氏が登場《クリックで拡大》

 2015年9月、市立小中学校を対象に米Appleの「iPad」を導入する、茨城県の古河市教育委員会。無線LANのみが利用可能な「Wi-Fiモデル」のiPadを採用する教育機関が多い中、無線LANに加えて3G/LTE回線による通信が可能な「Wi-fi+Cellularモデル」を採用したこともあり、教育関係者の注目を集めています。

 「学校でのIT活用は無理なく、少しずつ進めるのが大事だ」と語るのは、古河市教育委員会で指導課 参事兼課長を務める平井 聡一郎氏です。古河市では、どのような考えで、どのような方法で学校IT活用を進めているのか。教育ITの実践とノウハウを紹介するオンライン番組「iTeachers TV」の第9回では、平井氏が同市の学校IT活用の背景やその進め方を明かします。

 「教育現場で使えるiPadアプリ講座」コーナーでは、教育ICTコンサルタントの小池幸司氏が、iPad用のお薦め辞書アプリを紹介。詳しくは番組をご覧ください。

 TechTargetジャパンの会員登録/ログイン後、下の「同意して閲覧する」(注)ボタンをクリックすると番組が閲覧できます。

注:システムの仕様上「同意して閲覧する」と表示されていますが、クリックや閲覧に伴って第三者へ個人情報を提供することはございません。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...