2018年11月08日 05時00分 公開
特集/連載

無線LANの新プロトコル「WPA3」への移行が必要な理由WPA2に次ぐ新たなプロトコル

新たに策定された無線LANのセキュリティプロトコル「WPA3」には、さまざまな強化点がある。本記事では、企業がWPA3に移行すべき理由を考える。

[Judith Myerson,TechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | 無線LAN | 暗号化


画像 新しいセキュリティプロトコルであるWPA3の強化点は

 無線LAN規格の標準化団体であるWi-Fi Allianceは2018年6月、待望されていたセキュリティプロトコル「Wi-Fi Protected Access」(WPA)の最新版を発表した。それが「WPA3」だ。WPA3にはどのような強化点が含まれるのだろうか。企業はWPA3を導入すべきなのだろうか。

 従来のセキュリティプロトコルと同様、WPA3には個人向けの「WPA3-Personal」と、組織向けの「WPA3-Enterprise」という2つのセキュリティモードがある。どちらのモードでも最新のセキュリティ手法が用いられ、旧式のプロトコルは使用されなくなった。

 WPA3-Personalは、パスワード類推攻撃に対する保護に加え、回復性を高めることも目的としている。一方WPA3-Enterpriseは、企業ネットワーク経由での機密データの伝送を適切に保護するよう設計されている。

 WPA3-Enterpriseは、複数の暗号化プロトコルを組み合わせて、強固なセキュリティを実現する。

新たな暗号化手法によるセキュリティ保護の強化

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...