2018年11月08日 05時00分 公開
特集/連載

WPA2に次ぐ新たなプロトコル無線LANの新プロトコル「WPA3」への移行が必要な理由

新たに策定された無線LANのセキュリティプロトコル「WPA3」には、さまざまな強化点がある。本記事では、企業がWPA3に移行すべき理由を考える。

[Judith Myerson,TechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | 無線LAN | 暗号化


画像 新しいセキュリティプロトコルであるWPA3の強化点は

 無線LAN規格の標準化団体であるWi-Fi Allianceは2018年6月、待望されていたセキュリティプロトコル「Wi-Fi Protected Access」(WPA)の最新版を発表した。それが「WPA3」だ。WPA3にはどのような強化点が含まれるのだろうか。企業はWPA3を導入すべきなのだろうか。

 従来のセキュリティプロトコルと同様、WPA3には個人向けの「WPA3-Personal」と、組織向けの「WPA3-Enterprise」という2つのセキュリティモードがある。どちらのモードでも最新のセキュリティ手法が用いられ、旧式のプロトコルは使用されなくなった。

 WPA3-Personalは、パスワード類推攻撃に対する保護に加え、回復性を高めることも目的としている。一方WPA3-Enterpriseは、企業ネットワーク経由での機密データの伝送を適切に保護するよう設計されている。

 WPA3-Enterpriseは、複数の暗号化プロトコルを組み合わせて、強固なセキュリティを実現する。

新たな暗号化手法によるセキュリティ保護の強化

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

ABEJA永淵恭子氏のモットーは「一石二鳥」、マーケティング施策の効果を最大化するために
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news081.jpg

経営者になって分かった「真のマーケティング」――空の松村大貴氏に聞く
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news036.jpg

消費税率引き上げに関する企業の意識、実施の是非は拮抗――帝国データバンク調査
帝国データバンクは「消費税率引き上げに対する企業の意識調査」を実施しました。