2019年04月21日 05時00分 公開
特集/連載

次世代無線LAN「Wi-Fi 6」がIoTを普及させる3つの理由これまでと根本的に違う点

新しい無線LAN規格の「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)には、IoT(モノのインターネット)普及を促す一助となり得る機能が幾つかある。注目すべき特徴を解説する。

[Alissa Irei,TechTarget]
画像

 現在、標準化団体IEEE(米電気電子技術者協会)で策定中の無線LAN新規格「IEEE 802.11ax」、無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceによる製品認証プログラムの名称で「Wi-Fi 6」は、IoT(モノのインターネット)の普及を促す一助となり得る。IEEE 802.11axが備える機能が、小型のセキュリティシステムから農業用センサーまで、さまざまなIoTの用途を横断的に普及させる可能性を秘めている。

IEEE 802.11axの3つの特徴

 専門家が「IoTの様相を一変させる」と予想するIEEE 802.11axの3つの機能を以下で紹介する。

1.デュアルバンド

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...