2019年04月21日 05時00分 公開
特集/連載

これまでと根本的に違う点次世代無線LAN「Wi-Fi 6」がIoTを普及させる3つの理由

新しい無線LAN規格の「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)には、IoT(モノのインターネット)普及を促す一助となり得る機能が幾つかある。注目すべき特徴を解説する。

[Alissa Irei,TechTarget]
画像

 現在、標準化団体IEEE(米電気電子技術者協会)で策定中の無線LAN新規格「IEEE 802.11ax」、無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceによる製品認証プログラムの名称で「Wi-Fi 6」は、IoT(モノのインターネット)の普及を促す一助となり得る。IEEE 802.11axが備える機能が、小型のセキュリティシステムから農業用センサーまで、さまざまなIoTの用途を横断的に普及させる可能性を秘めている。

IEEE 802.11axの3つの特徴

 専門家が「IoTの様相を一変させる」と予想するIEEE 802.11axの3つの機能を以下で紹介する。

1.デュアルバンド

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

10連休は売り上げにどう影響した? カタリナマーケティングジャパンがゴールデンウイークの店舗購買動向を調査
初の10連休となった2019年のゴールデンウイークにおける購買行動傾向を実購買データから...

news013.jpg

デジタルマーケティングとコンタクトセンターの融合、UTグループとエス・エム・エスの担当者が語る
コンタクトセンターはデジタルマーケティングのプロセスとどう連携すべきか。UTグループ...

news047.jpg

ブレインパッドが拡張分析ツール「BrainPad VizTact」を発売
機械学習で人の気付きを拡張し、自然言語処理で分析結果を人の主観に左右されないものに。