2020年05月24日 08時30分 公開
特集/連載

「Wi-Fi 6E」とは? 全ての無線LANを過去にする衝撃「IEEE 802.11ax」に新たな展開

FCCが無線LANの6GHz帯使用を承認し、無線LANのデータ伝送速度を飛躍的に向上させることが可能になった。その可能性と課題とは。

[Lee Badman,TechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | 無線LAN | IEEE


 無線LANの世界は新規格「IEEE 802.11ax」(業界団体Wi-Fi Allianceによる名称は「Wi-Fi 6」)への移行を始めたばかりだ。その新鮮さがかすむほどの新しい動きが早々に始まろうとしている。

 米連邦通信委員会(FCC)は、無線LANにこれまで使用できなかった周波数帯の使用を承認し、開放することになった。この変更の意義は非常に大きい。これまでの無線LAN規格で使用できる周波数帯は2.4GHz帯、5GHz帯、またはその両方だった。

 新しい無線LAN規格が登場するたび、前の規格より速度を大幅に向上させてきた。ただし最大のデータ伝送速度を実現するには、複数のチャネル(データ伝送に使う電波の最小の帯域幅)を1つにまとめるしかない。限られた周波数帯から大きい帯域幅を確保するとチャネル数が少なくなってしまうため、ネットワーク管理者は一般的には狭いチャネルを使用する。それはIEEE 802.11axまで続いている。

「6GHz開放」がもたらすもの

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...