テレワーク安全策「認証」「ネットワーク可視化」「自宅用ゲートウェイ」とは?「テレワークセキュリティ」6つの対策【前編】

テレワーク時のセキュリティ対策は、IT部門の筆頭の懸念へと急浮上した。テレワーカーにセキュリティ対策を徹底させるために取り組むべき6つの対策のうち、3つを取り上げる。

2021年02月16日 05時00分 公開
[Andrew FroehlichTechTarget]

 在宅勤務などのテレワークの活用は、2021年も継続するだろう。テレワーカーが業務用システムやデータに確実にアクセスできるような体制を確立する段階が終われば、次はテレワークに適したセキュリティ対策の構築に照準を合わる段階が待っている。これはIT部門が直面する大きな懸念点だ。テレワーク時のセキュリティを強化するため、IT部門が講じる必要がある6つの対策を前後編にわたって紹介する。

  1. 認証の強化
  2. ネットワークの可視性向上
  3. 在宅勤務用ゲートウェイ
  4. 仮想デスクトップの活用(後編で紹介)
  5. ゼロトラストセキュリティの実装(後編で紹介)
  6. セキュリティ教育の実施(後編で紹介)

対策1.認証の強化

ITmedia マーケティング新着記事

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...