2021年02月17日 05時00分 公開
特集/連載

「VDIでテレワーク」の見逃せない“落とし穴”とはCOVID-19対策に「VDI」を使うメリットと注意点【後編】

「VDI」製品は従業員のテレワークを支える有力な手段だが、万能薬ではない。導入や運用の際の注意点を説明する。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、「VDI」(仮想デスクトップインフラ)製品の利用を検討する企業は少なくない。VDI製品を利用すれば、従業員はさまざまな形状やサイズのクライアントデバイスで、社内システムを安全に利用できるようになる。ただしVDI製品は万能薬ではない。前編「コロナ禍のテレワーク普及で『VDI』製品が売れる理由」に続く本稿は、VDI製品を導入するときの注意点を説明する。

VDIが抱える“あの弱点”

 企業がIT関連のコストを削減したい場合は、CPUやメモリといったコンピューティングリソースを減らすことでそれを達成できる。ただしVDI製品のユーザー企業は、仮想デスクトップのパフォーマンスを向上させるために、サーバやストレージ、ネットワークデバイスに投資しなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。