在宅勤務によるVDI利用拡大で「IPアドレス不足」が深刻化する理由新型コロナ終息時にリスク増大か

VDIを利用して全社的な在宅勤務を実施している企業では、IPアドレスが足りなくなる可能性がある。その原因と防止策を解説する。

2020年06月05日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 「VDI」(仮想デスクトップインフラ)の存在感が増している。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行に伴い、企業が従業員の全社的な在宅勤務体制を敷きつつあることが背景にある。在宅勤務をする従業員が急増することと、それに合わせてVDIを拡張することの副作用の一つが、IPアドレス不足だ。

IPアドレス不足問題が悪化する原因

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。