在宅勤務によるVDI利用拡大で「IPアドレス不足」が深刻化する理由新型コロナ終息時にリスク増大か

VDIを利用して全社的な在宅勤務を実施している企業では、IPアドレスが足りなくなる可能性がある。その原因と防止策を解説する。

2020年06月05日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 「VDI」(仮想デスクトップインフラ)の存在感が増している。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行に伴い、企業が従業員の全社的な在宅勤務体制を敷きつつあることが背景にある。在宅勤務をする従業員が急増することと、それに合わせてVDIを拡張することの副作用の一つが、IPアドレス不足だ。

IPアドレス不足問題が悪化する原因

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。