2020年06月07日 10時30分 公開
特集/連載

ZoomなどのWeb会議で「バーチャル背景」を使いたくなる“切実な理由”新型コロナ禍で高まる需要

CiscoはWeb会議サービス「Cisco Webex Meetings」のPC版で「バーチャル背景」を利用できるようにする。「Zoom」と「Microsoft Teams」も提供しているバーチャル背景に、エンドユーザーの期待が集まるのはなぜか。

[Jonathan Dame,TechTarget]

 Cisco Systemsが提供するWeb会議サービス「Cisco Webex Meetings」のPC版クライアントアプリケーションのエンドユーザーから、「バーチャル背景」(「仮想背景」「カスタム背景」とも)が使えないことに不満の声が上がっている。Zoom Video Communicationsの「Zoom」とMicrosoftの「Microsoft Teams」のPC版クライアントアプリケーションは、バーチャル背景機能を既に提供している。

 いずれはCiscoもCisco Webex MeetingsのPC版クライアントアプリケーションでバーチャル背景を利用可能にする計画だが、時期は明らかにしていない。バーチャル背景は、会議出席者が画像を選んで自分の背景に表示できる機能だ。例えば自分が緑のスクリーンの前にいるかのように見せることができる。

 Ciscoは、Cisco Webex MeetingsのApple「iOS」搭載モバイルデバイス向けのクライアントアプリケーションや、ハイエンドタッチスクリーンディスプレイ「Cisco Webex Desk Pro」にはバーチャル背景機能を実装している。だが、それでは不十分と考えるエンドユーザーもいる。

なぜ「バーチャル背景」が求められるのか

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...