2020年06月07日 10時30分 公開
特集/連載

ZoomなどのWeb会議で「バーチャル背景」を使いたくなる“切実な理由”新型コロナ禍で高まる需要

CiscoはWeb会議サービス「Cisco Webex Meetings」のPC版で「バーチャル背景」を利用できるようにする。「Zoom」と「Microsoft Teams」も提供しているバーチャル背景に、エンドユーザーの期待が集まるのはなぜか。

[Jonathan Dame,TechTarget]

 Cisco Systemsが提供するWeb会議サービス「Cisco Webex Meetings」のPC版クライアントアプリケーションのエンドユーザーから、「バーチャル背景」(「仮想背景」「カスタム背景」とも)が使えないことに不満の声が上がっている。Zoom Video Communicationsの「Zoom」とMicrosoftの「Microsoft Teams」のPC版クライアントアプリケーションは、バーチャル背景機能を既に提供している。

 いずれはCiscoもCisco Webex MeetingsのPC版クライアントアプリケーションでバーチャル背景を利用可能にする計画だが、時期は明らかにしていない。バーチャル背景は、会議出席者が画像を選んで自分の背景に表示できる機能だ。例えば自分が緑のスクリーンの前にいるかのように見せることができる。

 Ciscoは、Cisco Webex MeetingsのApple「iOS」搭載モバイルデバイス向けのクライアントアプリケーションや、ハイエンドタッチスクリーンディスプレイ「Cisco Webex Desk Pro」にはバーチャル背景機能を実装している。だが、それでは不十分と考えるエンドユーザーもいる。

なぜ「バーチャル背景」が求められるのか

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...