2020年06月08日 05時00分 公開
特集/連載

医療機関がまだ高過ぎて導入できなくても「5G」に可能性を感じる理由医療ITに革新をもたらす5G【前編】

医療機関が安心して「5G」の導入に踏み切るには前例が必要だ。5Gの普及には時間がかかるため、事例は当分現れない可能性もある。それでも米国の医療機関CIOは5Gの可能性を信じている。それはなぜか。

[Makenzie Holland,TechTarget]

関連キーワード

データ通信 | 医療IT | ネットワーク


 医療機関のCIO(最高情報責任者)が「5G」(第5世代移動通信システム)に投資すべきだと上層部を説得したい場合、他の医療機関の5G利用事例があれば説得しやすい。

 米国ではVerizon WirelessやAT&Tといった通信事業者が、企業や一般ユーザーに向けて小規模5Gの展開を始め、現行の「4G」(第4世代移動通信システム)よりも優れている点を強調している。例えばデータ転送速度の向上、利用可能な帯域幅の増加などを長所に挙げている。

 ただし明確な点が1つある。医療機関だからといって、5Gを利用する際の初期コストは安価にならないことだ。

 アプリケーションや機器のアップグレードと同様に、5Gへの移行にかかる時間とリソースを正当化するには、説得力のある具体的な事例が必要になる。医療機関の5G利用事例は、現時点では見つけにくい可能性がある。コンサルティング会社Technology Business Researchで情報通信アナリストを務めるクリス・アントリッツ氏によると、医療機関のCIOは5Gを使用するに当たって、リスクの軽減という負担を負うことになる。

 Sisters of Charity of Leavenworth Health System(「SCL Health」の名称で事業展開)のクレイグ・リチャードビル氏をはじめとする医療機関のCIOは、5Gに関心を寄せてはいる。しかし5G対応を見据えて自機関のITインフラの全面改訂に踏み切る前に、5Gの成り行きを見守っているのが現状だ。「5Gが成熟して全ての課題が解決し、その可能性が具現化し始めたら、当機関も古いネットワークの一部を廃止する作業に着手するだろう。だがそうした状況にたどり着くまでには何年もの歳月を要する可能性がある」(リチャードビル氏)

医療機関のCIOは5Gをどう思っているか

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...