2020年05月27日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「WebRTC」とは? Web会議に不可欠な基礎技術Chromeなど主要Webブラウザで利用可能

Webブラウザを使ったコミュニケーションツールを実現する上で、重要な役割を果たしている技術が「WebRTC」。どのような技術であり、どのようなメリットをもたらすのか。

[Tsahi Levent-Levi,TechTarget]

 「WebRTC」(Web Real-Time Communication)は、Web会議をはじめとするデジタルコミュニケーションを支える基本的なオープンソース技術だ。WebRTCによって、エンドユーザーは特別なソフトウェアをインストールする必要なく、Webブラウザでリアルタイムの音声とビデオを使ったコミュニケーションができるようになる。WebRTCは「Google Chrome」をはじめとする主要なWebブラウザに標準で実装されている。

 WebRTCは、Webブラウザにリアルタイムコミュニケーション(RTC)機能を簡単に導入できる手段だ。もともとオープンソースプロジェクトとして開発が進められてきたため、開発者はソースコードを自由に閲覧できる。

 応用性が広いこともWebRTCのメリットだ。ソフトウェア開発企業はWebRTCを利用することで、少ない投資で教育、ヘルスケア、ゲームなどさまざまな分野のサービスを立ち上げることができる。

WebRTCはどのように使われているか

ITmedia マーケティング新着記事

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...