「VAX」のクラウド移行も可能? レガシーを使い続けるための延命のヒントレガシーハードウェアの運用ノウハウ【後編】

ハードウェアは古くなっても生かせる選択肢がある。運用管理やコストを最適化するために古いハードウェアやそこで動くアプリケーションをどのように扱えばよいかを紹介する。

2020年05月27日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

サーバ | ストレージ


 世代の古くなったハードウェア(レガシーハードウェア)の運用管理を容易にする特効薬はない。これまで通りの運用を継続することが必ずしも正しいとも限らない。どのような選択肢があるのだろうか。

 レガシーハードウェアで重要なアプリケーションを運用する場合、ハードウェアが故障した場合に代替のハードウェアを用意できないことが問題になる。アプリケーションの仮想化やコンテナ化を実施しておくという選択肢はあるが、それでもこの問題を解消できるとは言い切れない。

「VAX」などのレガシー維持のヒント

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...