2020年05月27日 05時00分 公開
特集/連載

「VAX」のクラウド移行も可能? レガシーを使い続けるための延命のヒントレガシーハードウェアの運用ノウハウ【後編】

ハードウェアは古くなっても生かせる選択肢がある。運用管理やコストを最適化するために古いハードウェアやそこで動くアプリケーションをどのように扱えばよいかを紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

サーバ | ストレージ


 世代の古くなったハードウェア(レガシーハードウェア)の運用管理を容易にする特効薬はない。これまで通りの運用を継続することが必ずしも正しいとも限らない。どのような選択肢があるのだろうか。

 レガシーハードウェアで重要なアプリケーションを運用する場合、ハードウェアが故障した場合に代替のハードウェアを用意できないことが問題になる。アプリケーションの仮想化やコンテナ化を実施しておくという選択肢はあるが、それでもこの問題を解消できるとは言い切れない。

「VAX」などのレガシー維持のヒント

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...