「VAX」のクラウド移行も可能? レガシーを使い続けるための延命のヒントレガシーハードウェアの運用ノウハウ【後編】

ハードウェアは古くなっても生かせる選択肢がある。運用管理やコストを最適化するために古いハードウェアやそこで動くアプリケーションをどのように扱えばよいかを紹介する。

2020年05月27日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

サーバ | ストレージ


 世代の古くなったハードウェア(レガシーハードウェア)の運用管理を容易にする特効薬はない。これまで通りの運用を継続することが必ずしも正しいとも限らない。どのような選択肢があるのだろうか。

 レガシーハードウェアで重要なアプリケーションを運用する場合、ハードウェアが故障した場合に代替のハードウェアを用意できないことが問題になる。アプリケーションの仮想化やコンテナ化を実施しておくという選択肢はあるが、それでもこの問題を解消できるとは言い切れない。

「VAX」などのレガシー維持のヒント

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...