画像診断に「AI」が役立つ理由と、それでも“第2の目”にとどまる理由今のAI技術はあくまでも「診断支援」

画像診断の領域では、人工知能(AI)技術が従来の複雑なタスクを軽減したり、診断精度を高めたりとさまざまな価値を生み出している。一方でAI技術にはいまだ解決困難な課題が残っている。それは何か。

2020年05月26日 05時00分 公開
[Kathleen WalchTechTarget]

関連キーワード

医療IT | 機械学習


 1895年にエックス線が発見されてから、今日の画像診断ツールに至るまで、技術の進化は医療分野に大きな役割を果たしてきた。一般消費者(患者)の信頼が高まるにつれて、医療従事者は医療の質を高めるための技術に目を向けるようになった。人工知能(AI)技術を利用したアシスタント技術は「第2の目」として機能し、医療従事者のさまざまな作業と複雑なタスクを支援する。これらの技術のおかげで改善が進む重要な領域の一つは「画像診断」だ。

AI技術は画像診断にどう役立つか

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...