2020年05月26日 05時00分 公開
特集/連載

画像診断に「AI」が役立つ理由と、それでも“第2の目”にとどまる理由今のAI技術はあくまでも「診断支援」

画像診断の領域では、人工知能(AI)技術が従来の複雑なタスクを軽減したり、診断精度を高めたりとさまざまな価値を生み出している。一方でAI技術にはいまだ解決困難な課題が残っている。それは何か。

[Kathleen Walch,TechTarget]

関連キーワード

医療IT | 機械学習


 1895年にエックス線が発見されてから、今日の画像診断ツールに至るまで、技術の進化は医療分野に大きな役割を果たしてきた。一般消費者(患者)の信頼が高まるにつれて、医療従事者は医療の質を高めるための技術に目を向けるようになった。人工知能(AI)技術を利用したアシスタント技術は「第2の目」として機能し、医療従事者のさまざまな作業と複雑なタスクを支援する。これらの技術のおかげで改善が進む重要な領域の一つは「画像診断」だ。

 あらゆる種類の画像診断を支援するために、AI技術がさまざまな方法で利用されている。現在のAI技術の代表的な用途は、医用画像解析の支援だ。エックス線撮影装置、超音波診断装置、MRI(磁気共鳴画像法)装置、PET(ポジトロン放出断層撮影)装置、CT(コンピュータ断層撮影)装置など、あらゆる撮影装置の画像が対象になる。

AI技術は画像診断にどう役立つか

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。