2020年05月26日 05時00分 公開
特集/連載

IT部門こそ新型コロナウイルスの感染拡大を「IT」で乗り切るべしテレワークがIT部門に与えた影響【後編】

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、IT部門が処理しなければならない問題は増加傾向にある。これらの問題を効率的に処理するには、どのようにすればいいのか。事例を基に説明する。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大で、開発(Dev)と運用(Ops)の工程を繰り返すDevOpsチームの優先項目も大きく変わった。革新と新規事業のためのプロジェクトを後回しにし、従業員のテレワークを実現するためのサービスデスク業務や、エンドユーザーのセキュリティ対策の支援に回っている。前編「在宅勤務1割から9割へ急増のバイオ企業、悩みは『社員宅の無線LANトラブル』」と中編「新型コロナ対策のテレワークでITトラブルが急増? IT投資動向にも変化が」に続く本稿は、テレワーク環境の改善に取り組む企業の事例を取り上げる。

 バイオテクノロジー企業StemCell Technologies(以下、STEMCELL)のDevOpsチームは、サービスデスクのスタッフをOutSystemsのローコード開発ソフトウェアで支援している。STEMCELLは2018年からこのソフトウェアを社内向けアプリケーションの作成と管理に利用しており、2020年3月にはこのソフトウェアを使い、48時間で「My Status」という管理職向けアプリケーションを作成した。管理職はMy Statusを使ってテレワーク中の部下の勤務状況と、業務用エンドポイントを管理できる。

ツールの活用で在宅勤務のサービスデスクの負担を軽減

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。