2020年05月26日 05時00分 公開
特集/連載

IoTセキュリティ製品選びで知るべき「Fortinet」「SonicWall」「VDOO」の違いIoTセキュリティベンダー5選【後編】

IoTデバイスを狙う攻撃に対抗するIoTセキュリティ製品。その主要ベンダー各社にはどのような特徴があるのか。

[Scott Robinson,TechTarget]

 ネットワークに接続してさまざまな情報を送受信するIoT(モノのインターネット)デバイスは、データを収集する手段であると同時に、攻撃者の侵入口にもなり得る。IoTデバイスを保護するためのセキュリティ製品を提供するベンダーについて、前編「IoTセキュリティ製品選びで頭に入れておきたい『Armis』『CENTRI』の違い」はArmisとCENTRI Technologyを取り上げた。後編は、残るIoTセキュリティベンダー3社と各社のIoTセキュリティ製品を紹介する。

  1. Armis(前編で紹介)
  2. CENTRI Technology(前編で紹介)
  3. Fortinet
  4. SonicWall(会員限定)
  5. VDOO Connected Trust(会員限定)

3.Fortinet

 Fortinetは「セキュリティファブリック」という概念を掲げている。「ファブリック」は「布」の意味で、クラウドストレージやエンドポイントといったシステム全体を布で覆うような包括的セキュリティ対策を実現することが、セキュリティファブリックの骨子だ。セキュリティファブリックを具現化する同社製品は、管理対象のIoTデバイスにおいて、必要なときに必要なセキュリティ機能を利用できるリアルタイム保護を実現可能にする。

 均一なガバナンスを効かせられる点も、セキュリティファブリックがもたらすメリットだ。全てのエンドポイントに対して同じポリシーを適用できる。Fortinetは特定用途向けの集積回路「ASIC」(Application Specific Integrated Circuit)を独自に設計し、ソフトウェア形式のIoTセキュリティ製品と比べて処理速度を高めている。

4.SonicWall

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...