2020年05月11日 05時00分 公開
特集/連載

IoTセキュリティ製品選びで頭に入れておきたい「Armis」「CENTRI」の違いIoTセキュリティベンダー5選【前編】

攻撃者がIoTデバイスを悪用して企業LANに侵入することを防ぐためには、IoTデバイスのセキュリティ対策が重要だ。こうした課題への対策となるIoTセキュリティ製品の主要ベンダーを紹介する。

[Scott RobinsonTechTarget]

 IoT(モノのインターネット)にセキュリティを導入することは非常に難しい。IoTセキュリティには悪質なコマンドの挿入、ファームウェアの悪用、パッチの未適用、脆弱(ぜいじゃく)なパスワード設定など、従来のセキュリティにおける課題全てが関係する。多様なハードウェアやプロトコルの混在も課題だ。

 こうした課題に対処するため、さまざまなベンダーが新たなアプローチのIoTセキュリティ製品を提供している。前後編にわたり主要IoTセキュリティベンダー5社と各社のIoTセキュリティ製品を紹介する。

  1. Armis
  2. CENTRI Technology(会員限定)
  3. Fortinet(後編で紹介)
  4. SonicWall(後編で紹介)
  5. VOO Connected Trust(後編で紹介)

1.Armis

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...