IoTセキュリティ製品選びで頭に入れておきたい「Armis」「CENTRI」の違いIoTセキュリティベンダー5選【前編】

攻撃者がIoTデバイスを悪用して企業LANに侵入することを防ぐためには、IoTデバイスのセキュリティ対策が重要だ。こうした課題への対策となるIoTセキュリティ製品の主要ベンダーを紹介する。

2020年05月11日 05時00分 公開
[Scott RobinsonTechTarget]

 IoT(モノのインターネット)にセキュリティを導入することは非常に難しい。IoTセキュリティには悪質なコマンドの挿入、ファームウェアの悪用、パッチの未適用、脆弱(ぜいじゃく)なパスワード設定など、従来のセキュリティにおける課題全てが関係する。多様なハードウェアやプロトコルの混在も課題だ。

 こうした課題に対処するため、さまざまなベンダーが新たなアプローチのIoTセキュリティ製品を提供している。前後編にわたり主要IoTセキュリティベンダー5社と各社のIoTセキュリティ製品を紹介する。

  1. Armis
  2. CENTRI Technology(会員限定)
  3. Fortinet(後編で紹介)
  4. SonicWall(後編で紹介)
  5. VOO Connected Trust(後編で紹介)

1.Armis

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...