2020年05月09日 08時30分 公開
特集/連載

マウスが使える新「iPad Pro」は今度こそノートPCの代わりになるか?ビジネスユーザーの心をくすぐる新機能

トラックパッドやマウスが使える「iPad Pro」の新モデルは、仕事で使うノートPCを置き換える存在になるのか。アナリストの見解をまとめた。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple | Mac | OS | iOS | ビジネスPC | モバイル端末


 Appleは2020年3月に発表した新モデルの「iPad Pro」で、トラックパッドやマウスを利用可能にし、周辺機器として新しい専用キーボードを用意した。こうした要素はビジネスユーザーにとって魅力的に映るだろう。ただし新しいiPad Proが企業に普及するかどうかは未知数だ。

 同時にAppleは、トラックパッドやマウスの利用を可能にしたタブレットOSの最新バージョン「iPadOS 13.4」を提供開始した。2020年5月に発売するiPad Pro専用のバックライトキーボード「Magic Keyboard」の新モデルは、新たにトラックパッドを搭載する。

 調査会社Forrester Researchのアナリスト、フランク・ジレット氏は「iPad Proの新モデルは優れた柔軟性をもたらす」と語る。だがジレット氏は、この改良のおかげでiPad Proが企業に幅広く導入されるとは予想していない。「こうした改良は象徴的で重要だが、普及の大きな原動力にはならないだろう」(同氏)

iPad ProはノートPCに近づいたが……

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

HubSpotに聞く 顧客と自社の成長になぜ「文化」が重要か
企業文化は「第2の製品」。自らが求める価値と行動指針を「カルチャーコード」として定義...

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。