2020年05月09日 08時30分 公開
特集/連載

マウスが使える新「iPad Pro」は今度こそノートPCの代わりになるか?ビジネスユーザーの心をくすぐる新機能

トラックパッドやマウスが使える「iPad Pro」の新モデルは、仕事で使うノートPCを置き換える存在になるのか。アナリストの見解をまとめた。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple | Mac | OS | iOS | ビジネスPC | モバイル端末


 Appleは2020年3月に発表した新モデルの「iPad Pro」で、トラックパッドやマウスを利用可能にし、周辺機器として新しい専用キーボードを用意した。こうした要素はビジネスユーザーにとって魅力的に映るだろう。ただし新しいiPad Proが企業に普及するかどうかは未知数だ。

 同時にAppleは、トラックパッドやマウスの利用を可能にしたタブレットOSの最新バージョン「iPadOS 13.4」を提供開始した。2020年5月に発売するiPad Pro専用のバックライトキーボード「Magic Keyboard」の新モデルは、新たにトラックパッドを搭載する。

 調査会社Forrester Researchのアナリスト、フランク・ジレット氏は「iPad Proの新モデルは優れた柔軟性をもたらす」と語る。だがジレット氏は、この改良のおかげでiPad Proが企業に幅広く導入されるとは予想していない。「こうした改良は象徴的で重要だが、普及の大きな原動力にはならないだろう」(同氏)

iPad ProはノートPCに近づいたが……

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...