量子ドットディスプレイ搭載「Galaxy Chromebook 2」は“あの作業”で役立つ?「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第8回】

Samsung Electronicsの「Galaxy Chromebook 2」は、色再現性を高める量子ドット採用のディスプレイが売りだ。このディスプレイはどのような仕事に役立つのか。Galaxy Chromebook 2の特徴をビジネス視点で探る。

2022年01月30日 09時15分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

関連キーワード

Chromebook | Google Chrome | Chrome OS | Google


 業務用クライアントデバイスの新たな選択肢となり得るのが、GoogleのクライアントOS「Chrome OS」を搭載したノート型デバイス「Chromebook」だ。企業がChromebookの導入を検討する際、どのような機種が選択肢となるのか。ビジネス用途に適したChromebookの中から、今回はSamsung Electronicsの「Galaxy Chromebook 2」(原稿執筆時点では国内での公式販売なし)を紹介する。

“あの作業”で活躍か? 「Galaxy Chromebook 2」の仕事で役立つ特徴は

写真 写真 Galaxy Chromebook 2(出典:Samsung Electronicsの米国公式サイト)

 Galaxy Chromebook 2最大の特徴が、色再現性を高める量子ドット(QD)を採用したディスプレイ(以下、量子ドットディスプレイ)だ。Galaxy Chromebook 2の量子ドットディスプレイは、デジタルシネマの色域(色の範囲)を定めた標準規格「DCI-P3」の色域を100%カバーするという。動画や写真の編集における、色の繊細な使い分けを支援する。標準規格Universal Stylus Initiative(USI)準拠のスタイラスペンを利用できる。

 バックライト付きのキーボードは、大きめのキーを格子状に配置している。キー周囲の隙間を狭くすることで、ぐらつきを抑えた。無線LAN規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に準拠した無線通信ができる。USB Type-Cポートを2基搭載。重量は1.2キロ程度と比較的軽量で、厚さは13.9ミリだ。GoogleのモバイルOS「Android」を搭載したスマートフォンとの連携機能があり、Androidスマートフォンを使ってGalaxy Chromebook 2にログインできる。

表 Galaxy Chromebook 2のスペック(米国向け公式オンラインストアでの最上位構成の場合)
項目 内容
プロセッサ Intel Core i3-10110U
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
ディスプレイサイズ 13.3型
ディスプレイ解像度 1920×1080ピクセル
バッテリー駆動時間 13時間(公称値)
価格 699.99ドル(米国向け公式オンラインストアでの価格)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...