2022年01月23日 08時15分 公開
特集/連載

あの“赤ポチ”が使えるChromebook「ThinkPad C13 Yoga Chromebook」の特徴は?「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第7回】

ビジネス用ノート型デバイスとして広く使われてきた「ThinkPad」。Lenovoの「ThinkPad C13 Yoga Chromebook」には、どのような“ThinkPadらしさ”があるのか。主要な特徴を見ていこう。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Chromebook | Google Chrome | Chrome OS | Google


 「Chromebook」は、GoogleのクライアントOS「Chrome OS」を搭載したノート型デバイスだ。業務用クライアントデバイスとしてChromebookを活用したい場合、有力な選択肢となり得る機種は何なのか。こうしたChromebookの中から、今回はLenovoの「ThinkPad C13 Yoga Chromebook」を紹介しよう。

“赤ポチ”だけじゃない 「ThinkPad C13 Yoga Chromebook」の仕事で役立つ特徴は?

写真 写真 ThinkPad C13 Yoga Chromebook(出典:Lenovoの米国公式サイト)

 ThinkPad C13 Yoga Chromebookは、AMD(Advanced Micro Devices)製プロセッサを搭載したChromebookだ。カスタマイズ可能なセキュリティ機能・機構群「ThinkShield」により、デバイスを保護する。具体的なセキュリティ機能・機構として、標準規格「TPM」(Trusted Platform Module)準拠のセキュリティチップや、意図しない写真・動画撮影を防ぐWebカメラ用プライバシーシャッターを搭載。盗難を防止するKensington製セキュリティワイヤ用のスロットも備える。米軍調達規格「MIL-STD-810G」に準拠しており、移動や厳しい環境での作業に適している。有償オプションとして指紋認証リーダーを提供する。

 キーボードにはポインティングデバイスデバイスとして、ThinkPadシリーズ伝統の赤い「TrackPoint」(通称“赤ポチ”)を備える。アルミニウム製の筐体(きょうたい)は1.5キロと比較的軽量で、バッテリーは60分で最大80%充電できる。360度開閉するタッチスクリーンディスプレイを採用し、タブレットとしても、ノートPCとしても使用可能だ。USBポートを4つ搭載し、無線LAN規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に準拠した無線通信ができる。有償オプションとして、メモを取るのに便利な標準規格Universal Stylus Initiative(USI)準拠のスタイラスペンや、キーボードに搭載するアウトカメラを用意する。

表 ThinkPad C13 Yoga Chromebookのスペック(モデル名「20UXS02X00」の場合)
項目 内容
プロセッサ AMD Ryzen 5 3500C
メモリ 8GB
ストレージ 256GB
ディスプレイサイズ 13.3型
ディスプレイ解像度 1920×1080ピクセル
バッテリー駆動時間 12.5時間(公称値)
価格 15万9500円(日本向け公式オンラインストアでの税込み価格)

 次回はSamsung Electronicsの「Galaxy Chromebook 2」を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...