2019年05月31日 05時00分 公開
特集/連載

医療IoT「IoMT」のセキュリティリスク 患者の命をサイバー攻撃から守るには?医療機器のセキュリティ対策の要点を解説

医療機器とソフトウェアをインターネットで接続する、医療におけるモノのインターネット「IoMT」。そのリスクと、セキュリティ対策で検討すべき事項とは。

[Leon Lerman,TechTarget]
画像

 医療におけるモノのインターネット「IoMT」(Internet of Medical Things)の市場が急速に広がっている。IoMTは、患者のバイタルサイン(生命兆候)を監視する患者モニターやMRI(磁気共鳴画像法)機器、輸液ポンプ、人工呼吸器など医療に利用する機器を、インターネットでアプリケーションにつなぐことを指す概念だ。

 医療の品質と効率を高めるために、医療機器をインターネットに接続する動きが広がりつつある。調査会社Allied Market Researchの調査によると、IoMTの市場規模は2021年までに世界全体で1368億ドルに達する見込みだという。

 IoMTの普及は、治療の質の改善に役立つ可能性がある。一方で院内LANを介して医療機器と通信できるようになることから、サイバー攻撃に対する新たな脆弱(ぜいじゃく)性を生み出す原因になり得る。今や病院は、攻撃者の格好のターゲットになっている。患者の機密データと引き換えに多額の金銭を要求できることや、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃の効果が実証されつつあるのがその理由だ。

IoMTで高まるセキュリティリスク

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...