AIの乳がん診断精度は“医師超え”へ それでも研究者が実用化に慎重な理由放射線医学におけるAI技術の進歩【後編】

AI技術を活用し、医師よりも高精度の乳がん診断の実現を目指すシステムの研究開発が盛んだ。ただし研究者は、こうしたシステムの市場投入には慎重を要するという見解を持つ。それはなぜなのか。

2020年04月21日 05時00分 公開
[Makenzie HollandTechTarget]

関連キーワード

医療IT | 機械学習


 Googleの医学研究機関「Google Health」が国際的な総合科学ジャーナル「Nature」に発表した論文「International evaluation of an AI system for breast cancer screening」(乳がん検診AIシステムの国際評価)は医学業界に賛否を巻き起こしている。オレゴン健康科学大学(Oregon Health & Science University)の医学部で准教授を務めるビナイ・プラサード氏は、自身の「Twitter」アカウントでこの論文に対する疑問をツイートし、多くの反響を呼んだ。

 この論文は乳房専用のエックス線検査「マンモグラフィ」による乳がん画像診断に人工知能(AI)技術を利用した場合の検出精度を評価したものだ。Google HealthのAI技術を用いたスクリーニング検査の精度は、放射線科医よりも高かったという。前編「Google Healthの乳がんAI検診システムが医学業界に賛否両論を巻き起こす理由」に続き、後編ではプラサード氏の見解を詳しく紹介。AI技術を用いた乳がん検診システム(以下、乳がん検診AIシステム)の研究動向も解説する。

乳がん検診システムに求められる役割

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...