2020年04月21日 05時00分 公開
特集/連載

Intel、NVIDIA、AMDの「GPU仮想化」技術を比較 それぞれの特徴とはGPU仮想化は何に役立つのか【後編】

主要なGPUベンダーが提供している「GPU仮想化」技術。IntelやNVIDIA、AMDなど、ベンダーごとのGPU仮想化技術の特徴と、「vSphere」環境で仮想GPUを利用する方法を説明する。

[Stefani Munoz,TechTarget]

 CPUの負荷を軽減し、より良いエンドユーザー体験を提供するのに役立つ技術が、物理的なGPU(グラフィックス用プロセッサ)を抽象化して論理的に分割できるようにした「仮想GPU」だ。初期のGPU仮想化技術は画像描写の負荷が高いワークロード(アプリケーション)や高度な処理を必要とするVDI(仮想デスクトップインフラ)などに用途が限られていたが、VMwareやNVIDIAのようなベンダーが仮想GPUの関連技術を開発したことで用途が広がった。今では機械学習アプリケーションや一般的な従業員の仮想デスクトップ環境などにも利用できるようになっている。

 前編「『GPU仮想化』とは? 使うべき用途、避けるべき用途の違い」の後編に当たる本稿では、主要ベンダーのGPU仮想化技術を説明する。

 IT担当者は、GPU仮想化技術を幾つかの選択肢から選択できる。その中にはIntelの「Intel Graphics Virtualization Technology」(Intel GVT)やNVIDIAの「NVIDIA Virtual GPU」(vGPU)、AMD(Advanced Micro Devices)の「AMD MxGPU」(AMD Multiuser GPU)などがある。

IntelとNVIDIA、AMDのGPU仮想化技術の特徴

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...