GPUが必要なアプリケーションを使うなら、オンプレミスVDIとDaaSのどちらを選ぶ?DaaSでGPUの価値を引き出す【前編】

DaaS(Desktop as a Service)を利用すれば、GPUを使うアプリケーションのスケーラビリティや費用対効果を高め、管理の手間を省くことができる。性能も選択肢の広さも、物理環境と並ぶレベルに到達している。

2019年11月25日 05時00分 公開
[Erica MixonTechTarget]
画像

 クラウドにデスクトップをホストするDaaS(Desktop as a Service)を利用すれば、GPU(画像処理向けプロセッサ)を使うアプリケーションのメリットを生かす機会が増える可能性がある。

 GPUなどの物理ハードウェアを購入して自社のデータセンターでホストして、オンプレミスにVDI(仮想デスクトップインフラ)を導入することもできる。サービスベンダーがパブリッククラウドに物理ハードウェアとVDI(仮想デスクトップインフラ)をホストし、そのインフラにユーザー企業が仮想デスクトップを展開して、GPUを使うアプリケーションを利用する方法もある。

 調査会社Enterprise Strategy Groupのシニアアナリストであるマーク・バウカー氏によると、DaaSで仮想デスクトップとアプリケーションを利用すれば、多くの組織がGPUをより身近なものとして活用できるようになると予想する。「企業はこう思っているはずだ。『GPUを搭載した高価なデスクトップPCやノートPCを買うのはもう嫌だ。頻繁に刷新しなければならないのもうんざりする。もう金輪際やめにしたい』と」(バウカー氏)

オンプレミスVDIか、DaaSか

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。