2019年06月21日 08時00分 公開
特集/連載

Googleのゲームサービス「Stadia」はVDI/DaaSの転換点VDI/DaaSでグラフィックスアプリ

VDI/DaaSでもGPUを多用したグラフィックスアプリケーションは利用可能だ。そうなるはずだ。Googleのゲームサービス「Stadia」が全てを変えてしまうかもしれない。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 米アナハイムで開催されたNutanixのイベント「2019 .NEXT Conference」(2019年5月)で披露されたデモは、最新VDIの飛躍的な進化を印象付けるものだった。仮想デスクトップは、低負荷の処理しか必要としないユーザーだけのものという考えは変える必要がある。

 Nutanixのニコラ・ボジノビッチ氏(バイスプレジデント兼統括マネジャー)が行ったデモは、WindowsをストリーミングするDaaS(Desktop as a Service)製品「Frame」を使って「Chrome」に4Kのビデオクリップを60fpsでストリーミング。それを「Adobe Premiere Pro」で編集するというものだ。同氏は、ドラマ『Game of Thrones』にStarbucksのカップが映り込んだ悪評高いシーン(訳注)をマスキングする方法を実演した。

訳注:Game of Thronesのシーズン8のエピソード4(2019年5月5日配信)に、Starbucksのカップが映り込み物議を醸した。問題のシーンは修正済みのため、現在配信されているものでは確認できない。

VDIの年

 ボジノビッチ氏は、2019年はVDIが主流になる転換期になると考えている。

 Citrix Systemsが仮想デスクトップの先駆けとなって以来、Windowsのユーザーインタフェースをシンクライアントにストリーミングできるようになった。企業のIT部門は、ユーザーのデスクトップ環境のマスターイメージを作成し、そのイメージへのセキュアなアクセスを提供できる。安定した堅牢(けんろう)なデスクトップイメージを確実にストリーミングできるようにはなったが、比較的シンプルなアプリケーション(「Excel」など)を提供するために展開することが多かった。

 VDIはユーザーアクセスが少ない場面に利用される傾向があり、IT部門の多くは仮想デスクトップがデスクトップコンピューティングの主流になるとは考えていなかった。

 それが今、変化している。

 ボジノビッチ氏にとってのひらめきの瞬間は、2019年3月19日、Googleが4Kストリームゲームプラットフォーム「Stadia」を公開したときだった。同氏によると、StadiaはVDIがGPUアクセラレーションを利用可能にする方法を示しているという。

 Stadiaは演算やグラフィックス機能を大量に使うゲームをWebブラウザに直接、またはYouTube経由でストリーミングする次世代VDIプラットフォームになることを目指している。AMDのグラフィックスチップで実行され、新世代ゲームをストリーミングするために「Vulkan」(訳注)を使用する。GoogleでStadia開発者プラットフォーム製品の責任者を務めるドブ・ツィムリング氏は次のように話している。「GoogleとAMDはVulkan、Vulkan GPUドライバ、オープンソースのグラフィックス最適化ツールの専門知識を共有している。ゲーム業界全体に存在するイノベーションやコラボレーションの精神を尊重し、ゲーム開発者と共同でオープンソースのグラフィックス技術の未来を切り開いていくことを楽しみにしている」

訳注:3Dグラフィックス用のオープンソースのローレベルAPI。

企業IT部門にとってのStadia




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...