2019年04月04日 08時00分 公開
特集/連載

優先度高くても進まないWindows 10移行優先度高いWindows 10移行と低いDaaS/シンクラ導入意向

Windows 7のサポート終了という節目を目前に控え、DaaSやシンクライアントに力を入れるITベンダー。しかし、企業の関心は高くない。企業はWindows 10への移行をどのように考えているのか。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 「Windows 7」のサポート終了まで1年を切り、IT担当者はデスクトップITに関する2019年の主要優先事項として「Windows 10」へのアップグレードを挙げている。

Computer Weekly日本語版 4月3日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 4月3日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 英Computer Weeklyと米TechTargetが実施した「IT Priorities 2019 Survey」(2019年IT優先度調査)によると、英国の回答者134人の52%が、2019年にWindows 10に移行する予定だと答えたという。ヨーロッパ、中東、アフリカでも同様だ。762人の回答者の44%がWindows 10に移行することを計画している。

 2019年の調査結果でもIT担当者の半数以上がWindows 7のアップグレードが最優先のデスクトップITプロジェクトだと答えたのは驚きだ。つまり多くの企業がWindows 10に移行する仕事を相変わらず抱えているということだ。

 DaaSやシンクライアントの導入意向についてはどうか。

続きはComputer Weekly日本語版 4月3日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 3月20日号 OSSライセンス回避の是非

Computer Weekly日本語版 3月6日号 小売業者のAWS離れ

Computer Weekly日本語版 2月20日号 RPA導入が成功する冴えたやりかた


ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

世界の顧客満足度は下降傾向に――Zendesk調査
Zendeskの「カスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2019年版」より。

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...