2016年11月10日 08時00分 公開
特集/連載

怒りの声は数百万件消費者協会がWindows 10アップグレード戦略に激怒、Microsoftの回答は?

消費者協会「Which?」が、MicrosoftのOSアップグレード戦略を批判し、交換、修理、返金を要求している。これに対して、MicrosoftがComputer Weeklyにコメントした。

[Caroline Donnelly,Computer Weekly]

 Microsoftの「Windows 10」アップグレード戦略は、英消費者協会「Which?」を激怒させた。同協会は、このOSアップグレードによってコンピュータが悪影響を受けたユーザーへの補償をMicrosoftに求めている。

Computer Weekly日本語版 11月1日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 11月1日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 同協会によれば、OSのアップグレードによりコンピュータが被害を受けたと訴えるWindows 10ユーザーからの怒りの声は数百万件に達するという。

 Windows 10にアップグレードした結果、プリンタ、Wi-Fiカード、スピーカーが機能しなくなったというケースもあれば、ファイルがなくなったり、コンピュータの修理代金が掛かったりしたケースもある。

 Windows 10へのアップグレードを求める通知が繰り返し表示され、Microsoftを「しつこい」と感じたという報告もある。また、アップデートのプロセスが許可なしに始まったという声もある。

 Which?でキャンペーンおよびポリシー担当ディレクターを務めるアレックス・ニール氏は、MicrosoftはWindows 10ユーザーをサポートする義務があると話す。

 「誰もが日常業務の遂行をコンピュータに大きく依存している。そのため、コンピュータが動作を停止するとイライラし、ストレスがたまる。多くのユーザーがWindows 10から被害を受けている現状から、Microsoftは問題解決にもっと動くべきだ」

 これに対し、MicrosoftのスポークスマンはComputer Weeklyにコメントを寄せた。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...