故障率58%! なぜiPhoneの故障率が急増したのかAndroid端末より壊れやすいiPhone

Blanccoが8月に発表したレポートによると、iOS端末の故障率が急増しているという。特に壊れやすいiPhoneは何か?

2016年11月02日 08時00分 公開
[Alex ScroxtonComputer Weekly]

 「iPhone」の多くでアプリのクラッシュやWi-Fi接続障害などの問題が発生し、Appleはスマートフォンパフォーマンスの首位の座を「Android」端末に明け渡した。モバイル端末の診断を専門とするBlancco Technology Groupがこのようなレポートを発表した。

 Blanccoの最新レポート「The State of Mobile Device Performance and Health」によると、2016年第1四半期には25%だった「iOS」端末の故障率が、第2四半期はその倍を上回る58%に達したという。

 その統計で故障率が最も高かったのは「iPhone 6」の29%。次に「iPhone 6s」の23%、「iPhone 6s Plus」の14%と続く。

 Kantar Worldpanel Comtechの調べでは、第2四半期のスマートフォン世界市場の約15%をiPhoneが占めている。この市場シェアの成長率が高故障率の要因になっているとBlanccoは指摘する。決してソフトウェアのバグやハードウェアの不具合だけが要因ではないという。

 Blancco戦略部門の主任チャード・スティーノン氏は次のように述べている。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news187.jpg

アドウェイズ、バイタルサイン計測サービス「MARKETING DOC」を発表
アドウェイズは、マーケティングの活動状況を計測して診断するサービス「MARKETING DOC」...

news057.png

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

news049.png

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...