2019年03月28日 08時00分 公開
特集/連載

5人のITリーダーが考えているAIの次のユースケースAIを何に利用する?

AIの利用が広まりつつある中、CIOはAIにどうアプローチすべきなのか。どのような用途が考えられるのか。5人のITリーダーに、AIの展望やユースケースを聞いた。

[Mark Samuels,Computer Weekly]

 CIO(最高情報責任者)などの経営陣の話題に常に上る技術が人工知能(AI)だ。コンサルティング企業Deloitte Touche Tohmatsuによると、最新技術の導入に積極的な企業の37%が、機械学習やディープラーニングなども含むコグニティブテクノロジーに500万ドル(約5.5億円)以上を投資しているという。そのうち83%の企業が既に「ある程度」または「かなりの」メリットがあったと報告している。

 市販ソフトウェアのコグニティブ機能を利用するなど、基礎的な投資を行うことで高度な導入への下地が作られているというのが同社の見解だ。

 CIOはどのようにAIと関わるようになっているか。そしてCIOは今後、ビジネスでのユースケースをどのように構築していくか。英Computer Weeklyは専門家に話を聞いた。

新たなインテリジェンスを生み出す

 金融データ企業ExperianでグローバルCIOを務めるバリー・リベンソン氏は、AIや機械学習などの新興技術は「まさに革命的だ」と話す。

 「非常に裕福でお金を決して借りない人々には、恐らく強力な情報になるクレジット履歴がない。ところが、ソーシャルメディアで誰かのプロフィールに着目すれば、そのユーザーの嗜好(しこう)、頻繁に訪れる場所、日々の活動が分かる。行動を示すソーシャルメディアデータに基づけば、洞察を構築し始めることができる」(リベンソン氏)

 同氏は、機械学習をインフラ管理に活用するという興味深い可能性にも触れた。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...