2019年03月28日 08時00分 公開
特集/連載

AIを何に利用する?5人のITリーダーが考えているAIの次のユースケース

AIの利用が広まりつつある中、CIOはAIにどうアプローチすべきなのか。どのような用途が考えられるのか。5人のITリーダーに、AIの展望やユースケースを聞いた。

[Mark Samuels,Computer Weekly]

 CIO(最高情報責任者)などの経営陣の話題に常に上る技術が人工知能(AI)だ。コンサルティング企業Deloitte Touche Tohmatsuによると、最新技術の導入に積極的な企業の37%が、機械学習やディープラーニングなども含むコグニティブテクノロジーに500万ドル(約5.5億円)以上を投資しているという。そのうち83%の企業が既に「ある程度」または「かなりの」メリットがあったと報告している。

Computer Weekly日本語版 3月20日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 3月20日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 市販ソフトウェアのコグニティブ機能を利用するなど、基礎的な投資を行うことで高度な導入への下地が作られているというのが同社の見解だ。

 CIOはどのようにAIと関わるようになっているか。そしてCIOは今後、ビジネスでのユースケースをどのように構築していくか。英Computer Weeklyは専門家に話を聞いた。

新たなインテリジェンスを生み出す

 金融データ企業ExperianでグローバルCIOを務めるバリー・リベンソン氏は、AIや機械学習などの新興技術は「まさに革命的だ」と話す。

 「非常に裕福でお金を決して借りない人々には、恐らく強力な情報になるクレジット履歴がない。ところが、ソーシャルメディアで誰かのプロフィールに着目すれば、そのユーザーの嗜好(しこう)、頻繁に訪れる場所、日々の活動が分かる。行動を示すソーシャルメディアデータに基づけば、洞察を構築し始めることができる」(リベンソン氏)

 同氏は、機械学習をインフラ管理に活用するという興味深い可能性にも触れた。

続きはComputer Weekly日本語版 3月20日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 3月6日号 小売業者のAWS離れ

Computer Weekly日本語版 2月20日号 RPA導入が成功する冴えたやりかた

Computer Weekly日本語版 2月6日号 次世代無線LANの衝撃


ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...