2019年08月19日 08時00分 公開
特集/連載

成功しつつある2つのAIプロジェクトに共通する悩み人類はこれを解決できるのか

複数国でサービスを展開するインターネットプロバイダーとSAPは、AIの導入によって成果を出しつつある。だが彼らには共通する悩みがあり、まだ解決の糸口は見えていないようだ。

[Aaron Tan,Computer Weekly]

 アジア太平洋(APAC)地域全体で人工知能(AI)への関心が高まっている。2019年前半に公開されたGartnerの調査報告によると、この地域のCIO(最高情報責任者)のうち、AIに関心がないと回答したのはわずか7%だという。

 2019年6月に開催された「SAP Asia Pacific」の討論会でも、この傾向が明らかになった。

 APACで光ファイバーブロードバンドやモバイルサービスを提供するインターネットプロバイダーのMyRepublicは、最近データサイエンスチームを結成した。同社の顧客を適切に理解する鍵はAIにあると話すのは、グループのCIOとCOO(最高執行責任者)を兼務するユジン・ヨ氏だ。

 一方、SAPは「SAP Cloud Platform」と「SAP Leonardo」のAI機能を利用して、自社のビジネスプロセスとITプロセスを強化している。SAPが解決を試みているビジネス問題は全てAIの思考に支えられていると話すのは、SAP Asia Pacific JapanでCIOを務めるマニク・ナラヤン・サハ氏だ。

主な課題

 多くの企業が自社のAI戦略の中でデータの問題に取り組んでいる。だが、SAPやMyRepublicが取り組んでいる課題は異なる。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...