2019年08月19日 08時00分 公開
特集/連載

人類はこれを解決できるのか成功しつつある2つのAIプロジェクトに共通する悩み

複数国でサービスを展開するインターネットプロバイダーとSAPは、AIの導入によって成果を出しつつある。だが彼らには共通する悩みがあり、まだ解決の糸口は見えていないようだ。

[Aaron Tan,Computer Weekly]

 アジア太平洋(APAC)地域全体で人工知能(AI)への関心が高まっている。2019年前半に公開されたGartnerの調査報告によると、この地域のCIO(最高情報責任者)のうち、AIに関心がないと回答したのはわずか7%だという。

Computer Weekly日本語版 8月7日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 8月7日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 2019年6月に開催された「SAP Asia Pacific」の討論会でも、この傾向が明らかになった。

 APACで光ファイバーブロードバンドやモバイルサービスを提供するインターネットプロバイダーのMyRepublicは、最近データサイエンスチームを結成した。同社の顧客を適切に理解する鍵はAIにあると話すのは、グループのCIOとCOO(最高執行責任者)を兼務するユジン・ヨ氏だ。

 一方、SAPは「SAP Cloud Platform」と「SAP Leonardo」のAI機能を利用して、自社のビジネスプロセスとITプロセスを強化している。SAPが解決を試みているビジネス問題は全てAIの思考に支えられていると話すのは、SAP Asia Pacific JapanでCIOを務めるマニク・ナラヤン・サハ氏だ。

主な課題

 多くの企業が自社のAI戦略の中でデータの問題に取り組んでいる。だが、SAPやMyRepublicが取り組んでいる課題は異なる。

続きはComputer Weekly日本語版 8月7日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 7月17日号 ツールを使え!

Computer Weekly日本語版 7月3日号 本当に役に立つ人材の見つけ方

Computer Weekly日本語版 6月19日号 5Gと健康リスク


ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している...

news110.jpg

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態――富士通総研調査
大企業においてデジタルマーケティングの成果を出すポイントとは。

news076.jpg

LINE、トークリスト最上部に1日1社限定で表示される動画広告「Talk Head View」を提供
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のトークリスト最上部に動画広告を配信できる...