2019年08月16日 08時00分 公開
特集/連載

Wi-Fiよりも安全で安定? 光無線技術「Li-Fi」電波漏れの不安は解消

光を利用する無線技術「Li-Fi」の実用化が進んでいる。Gartnerが指摘するようにまだ制限もあるが、Wi-Fiにはないメリットもある。用途によっては有力な選択肢になるかもしれない。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 Signify(旧Philips Lighting)はLi-Fi(訳注)製品のラインアップをアップデートし、安全で信頼性の高いワイヤレスネットワークを求める企業向け新シリーズを発表した。

訳注:LEDを使った光無線通信技術。光を使うためWi-Fiのように壁を通過することはできないが、遮光するだけで通信を制限できるため用途によってはメリットになる。

 Li-Fiは、Li-Fiモジュールを組み込んだ天井照明器具などがアクセスポイントとなり、ノートPCなどの端末と光を使ってワイヤレス接続する。Wi-Fi機能を内蔵するのが一般的ではなかった時代と同じく、端末にはLi-Fiで送受信するためのUSBドングルが必要だ。Li-Fiモジュールを組み込んだ天井照明器具は、建物に敷設されたイーサネットに有線接続する。

 Signifyは、Li-Fiをオフィス照明に組み込むことで市場を活性化したいと考えているが、Li-Fiはまだあまり実証されていない技術と見なされている。

 調査会社Gartnerは2018年に次のように記している。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。