導入しただけでは速くならない、高速Wi-Fi規格「802.11ac Wave 2」Wave 2のメリットを生かすには?

IEEE 802.11acをベースとしたWi-Fi規格である802.11ac Wave 2は、高速な無線ネットワークを実現する。しかし、単にWave 2対応機器を導入しただけではWave 2のポテンシャルを引き出すことはできない。

2017年09月07日 08時00分 公開
[Peter Ray AllisonComputer Weekly]

 「802.11ac Wave 2」規格(訳注)は無線LANを高速にするものと簡単に考えているかもしれないが、それほど単純ではない。

訳注:Wave 2規格はIEEEが策定したものではないため、「IEEE」は付かない。

 この新世代の無線テクノロジーは、特に大きなデータフットプリントを持つ企業にとっては影響も潜在的メリットも大きい。

 Wave 2規格は、「IEEE 802.11ac」仕様の付加規格だ。この規格は新たなテクノロジーを組み込み、無線ネットワークが使用する理論上の最大データ転送レートを高めている。その結果、ネットワークのデータ転送速度を向上させ、複数のユーザーが同時に無線ネットワークを使用できるようにする。

 Wi-Fi Allianceが2016年にWave 2を公式発表したことにより、対応する商用製品がようやく市場に投入されるようになった。企業はすぐにでもこの新しいテクノロジーへの投資を考えるかもしれないが、最大限のメリットを得るには事前に慎重な判断が必要になる。

Wave 2のメリット

 Wave 2機器をネットワークに組み込む前に、既存のコアネットワークインフラを調べて、Wave 2規格の速度に対応できるかどうかを評価する必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...