2017年08月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

相反する2つのレポート「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?

2017年後半には、「Microsoft Azure」はパブリッククラウド市場での収益面で「Amazon Web Services」(AWS)を追い越して首位に立つだろう。米国を拠点とする調査会社Pacific Crestはそう主張している。

[Caroline Donnelly,Computer Weekly]
Computer Weekly

 米国を拠点とする調査会社Pacific Crestがクラウド界の大手企業60社の財務実績を分析した結果、Microsoftが2017年後半に収益でAWSを追い越すと予測していると、金融専門のニュースサイト「The Street」は報じている。

Computer Weekly日本語版 8月16日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 8月16日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 その予測をしたのは、Pacific Crestのシニアリサーチアナリスト、ブレント・ブレイスリン氏だ。同氏は調査報告書の中で、SaaS、PaaS、IaaSの各セグメントにおけるMicrosoftの現在のポジションは、今後数年の間に有利に働くとしている。

 「われわれの推測では、2017年の下半期には、Microsoftの商用クラウド部門は絶対収益でAWSを上回る。10年かかったが、ついにパブリッククラウドのプラットフォームとしては最大の企業となる。クラウド界の落ちこぼれからクラウド界のリーダーへの移行は確実に進んでいる」とブレイスリン氏は話す。

 クラウドの市場規模は今後5年間で3倍に拡大し、2390億ドルに達する見込みだ。Microsoftが優位に立つのは、同社のクラウドサービスのポートフォリオがクラウド市場の大部分をカバーしているためだとPacific Crestは説明している。

 AWSはここ最近の四半期は連続して、クラウド部門の収益の伸びが少しずつ減速している。ただし2017年4月に発表された最新の財務実績(2017年第1四半期)によると、同社全体の収益は前年比で43%の増収となっている。

 その財務報告の中でAWSは、同社が140億ドルの収益を挙げる企業になったと説明している。一方Microsoftは、2017年6月末に同社の通年の業績を発表した際、商用クラウド事業は順調に伸びており、(AWSが発表した額と)同程度の収益を挙げていると主張している。

 ただしMicrosoftは、財務業績には商用クラウド部門の収益を記載しており、ここではAzureのみによる収益を区別していない。つまり、パブリッククラウドのアクティビティーによる収益に加え、「Office 365」などの基幹業務アプリケーションから得た収益も含まれている。

 しかし、米調査会社Gartnerが発表した最新の「IaaS Magic Quadrant」レポートには異なる観測が記されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...

news035.jpg

企業の魅力は人の魅力――電通パブリックリレーションズ「第4回魅力度ブランディング調査」
電通パブリックリレーションズ内の企業広報戦略研究所は、生活者1万人を対象とした「第4...

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...