2019年02月18日 08時00分 公開
特集/連載

AIのブラックボックス化を許さないGDPRに注意EU市民の個人データは鬼門

GDPRはEU圏外の国にも影響を及ぼす。EU市民の個人データを機械学習に利用すると説明責任が生じ、機械学習の内部はブラックボックスだという言い訳は通用しない。

[Warwick Ashford,Computer Weekly]

 機械学習に個人データを利用するなら、EUの一般データ保護規則(GDPR)に従う必要があると話すのは、StudioAGで主席コンサルタントを務めるアレッサンドロ・グアリーノ氏だ。

 GDPRは、自動的に行われる個人の意思決定やプロファイリングの全てに適用される。こうした自動処理は、人工知能(AI)、特に機械学習アルゴリズムの最も一般的な応用事例だ。同氏はベルギーのブリュッセルで開催されたサイバーセキュリティカンファレンス「EEMA ISSE 2018」でこう語った。

 GDPRは、プロファイリングを「自然人と関連する一定の個人的側面を評価するために、特に、当該自然人の業務遂行能力、経済状態、健康、個人的嗜好、興味関心、信頼性、行動、位置及び移動に関する側面を分析又は予測するために、個人データの利用によって構成される、あらゆる形式の、個人データの自動的な取扱い。」(訳注)と定義している。

訳注:日本語訳は「自動化された個人に対する意思決定とプロファイリングに関するガイドライン」から引用。

 ただし、グアリーノ氏はこれには問題があると話す。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...