2019年02月19日 08時00分 公開
特集/連載

サーバ向けCPU市場を制するのはIntel Cascade LakeかAMD Romeか次世代CPU技術解説

2019年もIntelとAMDの覇権争いが過熱しそうだ。両社の次世代製品はどのような仕様なのか。どのような市場を狙っているのか。大きく異なるその設計思想を解説する。

[Daniel Robinson,Computer Weekly]

 2017年、エンタープライズサーバ市場が再び脚光を浴びた。AMDが「EPYC」を携えて戦列に復帰し、Intelの「Xeon」に真っ向勝負を挑んだためだ。

 本稿執筆時点で、両社は2019年発売予定の新しいプロセッサの詳細を明らかにし、データセンターを形成する最新トレンドについてそれぞれ考え方を示している。

 2017年中盤にEPYCがリリースされてから、状況がやや変わってきた。AMDはDell EMC、HPE、Cisco Systems、Super Micro Computerのエンタープライズシステムに同社のチップを供給するようになり、着実に市場シェアを拡大している。

 これに対し、Intelはちょっとした問題に行き当たっているように見える。同社の報告によると、需要を満たすのに十分な数を供給するのが難しく、10ナノメートル製造プロセスの導入もさらに遅れ、2019年にずれ込むという。

 想像通り、両社はパフォーマンスを高めるために1ソケット当たりのプロセッサコアを増やしている。ただしその方法はそれぞれ異なる。AMDはマイクロアーキテクチャを刷新して1クロック当たりの命令数(IPC)を増やした。Intelはディープラーニングのワークロードの処理速度向上を目的とした新しい命令を加え、DIMMスロットを使用する「Optane」のサポートを追加した。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。