2012年07月03日 09時00分 公開
特集/連載

ビッグデータプロジェクトの成功にはHadoopだけでは不十分ビッグデータから価値を生み出すには

多くの事例が紹介され、さらに注目が集まるビッグデータ活用。その成功のためにはデータの連係や仮想化、セルフサービス型分析、マスターデータ管理に関する戦略も考慮する必要がある。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

 米McDonald'sはハンバーガー用のパンの色、形、さらにはゴマの分散具合を検査するための新しい撮影システムを導入した。国連は戦争や深刻な貧困、健康被害などに対する早期警戒システムとしてTwitterの利用を検討している。米Heritage Provider Networkでは、患者の再入院の可能性の予測精度を上げるために、1万件の事例を収集した。

 これらの組織は一見すると互いに何のつながりもないように見えるが、実は共通点が1つある。それは、今日のIT業界で大きな話題となっている技術を有効に活用しているのだ。そしてこの3つの組織は、コンサルティング会社の米Gartnerが最近開催した「Gaining Value from Big Data」(ビッグデータから価値を引き出す)と題されたWebセミナーで脚光を浴びた。

 「流行語は必ずしもダメなものとは限らない」とGartnerのリサーチ担当副社長、ダグ・レイニー氏はセミナーのプレゼンテーションで語った。「流行語が興味深い技術や重要な技術を表していることも多い」

 レイニー氏のプレゼンテーションでは、人気が高まっているHadoopの話題から、ビッグデータとは何か、そしてなぜそれが大きなチャレンジであるのかという問題に論点が移っていった。

ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。