2019年04月02日 08時00分 公開
特集/連載

Go言語に注力するDynatraceなぜGoなのか

アプリケーションパフォーマンス管理ベンダーのDynatraceが、Go言語アプリケーション用ツールを発表した。なぜGoなのか。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]

 Dynatraceはアプリケーションパフォーマンス管理(APM)を専門とする企業だ。同社は、2005年にオーストリア(コアラがいない方)で設立された当初からこの分野に取り組んでいる。

 同社のアプリケーション監視(および検証)ツールは、SaaSおよびオンプレミスのソフトウェアとして提供されている。同社は2019年1月に事業を拡大し、人気の高いプログラミング言語「Go」で書かれたアプリケーションにコードレベルの自動的な洞察を提供する取り組みを始めた。

GoとGolang

 Goは“Golang”と呼ばれることもある(訳注)。当初Googleが開発したオープンソースの汎用プログラミング言語だ。

訳注:正式名称は「Go」。「Golang」は公式サイトのドメイン名に由来する通称(公式サイトのFAQより)。

 この言語は、静的な(つまり変数を事前に宣言しなければならない)プログラミング言語であり、型指定も静的で明示的に行う。特定のタスクを実行するにはコードを手作業で構造化しなければならない。

 Dynatraceは最新ニュースで次のように発表している。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...