2019年04月02日 08時00分 公開
特集/連載

Go言語に注力するDynatraceなぜGoなのか

アプリケーションパフォーマンス管理ベンダーのDynatraceが、Go言語アプリケーション用ツールを発表した。なぜGoなのか。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]

 Dynatraceはアプリケーションパフォーマンス管理(APM)を専門とする企業だ。同社は、2005年にオーストリア(コアラがいない方)で設立された当初からこの分野に取り組んでいる。

 同社のアプリケーション監視(および検証)ツールは、SaaSおよびオンプレミスのソフトウェアとして提供されている。同社は2019年1月に事業を拡大し、人気の高いプログラミング言語「Go」で書かれたアプリケーションにコードレベルの自動的な洞察を提供する取り組みを始めた。

GoとGolang

 Goは“Golang”と呼ばれることもある(訳注)。当初Googleが開発したオープンソースの汎用プログラミング言語だ。

訳注:正式名称は「Go」。「Golang」は公式サイトのドメイン名に由来する通称(公式サイトのFAQより)。

 この言語は、静的な(つまり変数を事前に宣言しなければならない)プログラミング言語であり、型指定も静的で明示的に行う。特定のタスクを実行するにはコードを手作業で構造化しなければならない。

 Dynatraceは最新ニュースで次のように発表している。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...