2018年08月16日 08時00分 公開
特集/連載

機械学習で生じる問題を解決するPythonライブラリ「MLflow」オープンソースツールがまた一つ

機械学習のパラメーターやモデルの管理、APIの提供などができるPythonライブラリがオープンソースで公開された。Databricksの「MLflow」が解決する機械学習の問題とは?

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]

 2018年6月に開催された「Spark Summit」で、Databricksは「MLflow」という新たなプロジェクトを発表した。Databricksはオープンソースの「Apache Spark」によるクラウドベースのビッグデータ処理に重点を置く企業で、同社のMLflowは機械学習(ML)のためのPythonライブラリだ。

 同社のチーフテクノロジストを務めるマテイ・ザハリア氏によると、同氏が率いるチームは、MLに関してよく耳にする問題に対処するアプローチを構築したという。

MLの典型的な課題

 データの準備からモデルのトレーニングまで、MLのライフサイクルの「フェーズ」には多種多様なツールがある。

 「各フェーズでチームがツールを1つ選ぶ従来のソフトウェア開発とは異なり、MLでは結果が改善するかどうかを確認するため、利用可能な全てのツール(アルゴリズムなど)を試してみる。そのため、MLの開発者は多くのライブラリを運用できるようにする必要がある」とザハリア氏はブログに記している。

 同氏は次のようにも書いている。「MLアルゴリズムには構成可能なパラメーターが多数存在する。そのため、モデルを作成するためにテストしたパラメーター(コード、データ)をそれぞれ追跡するのは難しい」

 ザハリア氏の説明によれば、細部まで追跡しなければ、再度機能させる際に同じコードを利用するのが難しくなることが多いという。こうした再現手順は明らかにデバッグも難しくする。

 「(また)MLは導入も難しい。多数の導入ツールや(RESTサービス、バッチインタフェース、モバイルアプリなど)MLを実行する環境によって、モデルを運用に移すのが困難になる可能性がある。任意のライブラリから任意のツールにモデルを移行する標準の方法はない。そのため、新しく導入するたび、新しいリスクが生まれる」(ザハリア氏)

 最終的に行き着く先は、大手ベンダーが作成する内部MLプラットフォームになる。こうしたプラットフォームはこれらの難題に何らかの対応を行っている。だが、こうしたプラットフォームを利用すると、独自のテクノロジーインフラに縛られることになるため、対象範囲が制限される。

DatabricksのMLflow




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...