2019年12月03日 10時05分 公開
特集/連載

「DaaS」よりも「アプリケーション仮想化」でGPUを使うべき場合とは?DaaSでGPUの価値を引き出す【後編】

GPU搭載PCへの投資が難しい場合、DaaSでGPUを利用するのは有力な方法だ。場合によってはアプリケーション仮想化だけでも十分な効果が期待できる。

[Erica Mixon,TechTarget]
画像

 GPU(画像処理向けプロセッサ)搭載PCに先行投資するのが難しい企業にとって、サブスクリプション形式でGPUが使えるDaaS(Desktop as a Service:クラウドにデスクトップをホストするサービス)の費用対効果と予測可能性は大きな魅力だ。例えばWorkspotのDaaS「Workspot Cloud VDI」を利用すると、定額の年間料金で仮想デスクトップを利用できる。この料金には、Microsoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」でGPUをホストして管理する費用も含まれている。

 環境工学企業のDudekのCIO(最高情報責任者)であるブライアン・ノードマン氏は「設備投資をすると回収に何年もかかるが、サブスクリプションならそのようなリスクがない」と話す。

 DaaSではGPUを使うアプリケーションに変更が必要になった場合に、デスクトップを容易に変更できる。ノードマン氏によると、Dudekはドローン撮影という不安定なビジネスのリスクを抑える必要があった。そのため別のビジネスを始めるときにはゴールデンイメージ(仮想デスクトップのテンプレート)を使って、GPUを利用できるデスクトップを迅速に配備できる環境が必要だったという。

 調査会社Enterprise Strategy Groupのシニアアナリストであるマーク・バウカー氏によると、GPUを利用するハードウェアは頻繁に刷新が必要であり、機器の寿命も5〜6年ではなく2〜3年と短い。「新しいGPUが発売された場合、オンプレミスなら新たな投資が必要になるが、クラウドならベンダーがサービス提供すればすぐに利用可能になる」(バウカー氏)

DaaSではなくアプリケーション仮想化を選ぶべき条件

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。