2019年12月06日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドサービスにはないメリットを確認「DaaS」よりも「オンプレミスVDI」を選ぶべき5つの根拠

DaaS市場は急速に成長しているが、用途によってはオンプレミスのVDIの方が適している場合がある。オンプレミスVDIがDaaSよりも優れている5つの点を説明する。

[Brien Posey,TechTarget]

 仮想デスクトップを利用するための現実的な選択肢には、「仮想デスクトップインフラ」(VDI)をオンプレミスに構築するか、「DaaS」(Desktop as a service)を利用するかの2種類がある。それぞれが適する用途は同じではない。

 クラウドにデスクトップをホストするテクノロジーが成熟するにつれて、DaaSはここ数年の間、注目度が高まっている。企業ニュース配信会社MarketWatchによると、DaaS市場は2017年に世界で6億5000万ドルに達し、2014年から2017年までの年間平均成長率は50%近くとなる。DaaS市場は2022年までに約47億ドルの市場になると、同社は予測している。

 オンプレミスVDIの採用率も同様に増加しているが、成長率はDaaSには及ばない。企業ニュース配信会社Business Wireが2018年に発表したレポートでは、VDIの世界市場は、2016年〜2023年の年平均成長率が27%となると予測している。このことからDaaSが好まれる手段になりつつあると考えられる。調査会社GartnerはDaaSが2019年中に、機能面ではオンプレミスVDIと同等になると予想している。

 DaaSの導入を検討するに当たり、従業員のユーザーエクスペリエンス(UX)の維持を目指すIT部門は少なくない。UXの問題はクラウドベンダーとの連携なしに解決できない。IT監視・トラブルシューティング用ソフトウェアベンダーGoliath Technologiesで、コンサルティングサービス責任者を務めるゲリー・ベア氏は「インフラの管理をクラウドベンダーに任せても、管理の責任まで社外に移管することはできないことに留意する必要がある」と話す。

 オンプレミスのVDIとDaaSには、それぞれ長所と短所がある。IT環境や使用するアプリケーションによって、どちらを選ぶべきかが変わる。本稿はDaaSよりもオンプレミスのVDIの方が適した選択肢となる場合について、管理性やコスト、データ保護などの5つの観点から説明する。

目次


観点1.デスクトップの管理

 オンプレミスVDIは、仮想デスクトップと、それをホスティングするインフラを細かく制御する必要がある企業に向いている。DaaSの場合は、ユーザー企業が仮想デスクトップに特定のカスタマイズをすることができるが、インフラの大部分の構成が非公開だ。このためユーザー企業による設定変更が制限されるほか、トラブルシューティングが困難になることもある。

 DaaSのパフォーマンスや安定性の問題を解決するには、クラウドベンダーによるトラブルシューティングが必要になる場合がある。このためオンプレミスのVDIと比較して、DaaSは問題の診断と解決により長い時間がかかる傾向がある。

観点2.インターネットの信頼性

ITmedia マーケティング新着記事

news127.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で飲食業経営者の6割が「このままでは事業継続困難」と回答――ショーケース調査
首都圏を中心とした飲食業界経営者に対して2020年3月26〜30日に実施した緊急アンケート調...

news111.jpg

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安――ベーシック調査
マーケターのキャリアに関する調査結果です。

news150.jpg

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...