2019年05月15日 05時00分 公開
特集/連載

仮想デスクトップ最適化のベストプラクティス【後編】仮想デスクトップ最適化ツール「Citrix Optimizer」「VMware OS Optimization Tool」の違い

仮想デスクトップの最適化ツールを使用すれば、OSが備える一部の機能やユーティリティーを無効にして、より効率的な仮想デスクトップを実現できる。

[John Powers,TechTarget]

関連キーワード

VMware | Citrix | 仮想化 | DaaS | 仮想デスクトップ


画像

 前編「仮想デスクトップを低コストで快適にする「最適化」のすすめ」では、仮想デスクトップの最適化によって得られるメリットを説明した。後編では、実際に仮想デスクトップの最適化を進める際の代表的な支援ツールを紹介する。


最適化ツールとテンプレート

 仮想デスクトップや仮想アプリケーションを最適化するためのツールは幾つかある。代表例がCitrix Systemsの「Citrix Optimizer」とVMwareの「VMware OS Optimization Tool」だ。これらはそれぞれ、各社の仮想デスクトップインフラ(VDI)/アプリケーション仮想化製品「Citrix Virtual Apps and Desktops」(旧「XenDesktop」および旧「XenApp」)、「VMware Horizon」での利用を想定している。

 この2種類の最適化ツール、Citrix OptimizerとVMware OS Optimization Toolの機能を簡単に解説しよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。