2007年06月27日 05時00分 公開
特集/連載

【Q&A】VMwareの仮想マシンに名前を付けるコツAsk The Expert

質問:わたしの会社では、VM(仮想マシン)の命名、配置、管理全般が非常に混乱しています。VMwareを使っている場合、VMの文書化はどのように行えばよいのでしょうか。VMとその状態、配置を特定するための良いツールや、標準的な手法、方策があったら紹介してください。

[Andrew Kutz,TechTarget]

 VMwareのどの仮想化ソリューション(Workstationなのか、ServerあるいはESX Serverなのか)を使っているかが分からないと、この質問に答えるのは難しい。だが、使っている仮想化プラットフォームのタイプにかかわらず、VMの監視や管理の負担を軽減できる基本的なコツがある。

1. VMに名前を付けるときは常に完全修飾ドメイン名(FQDN)を使う

 どのシステムも、FQDNは必ず組織内で一意のはずなので、この既存の枠組みを利用するとよい。例えば、VMには「lucy」ではなく「lucy.lostcreations.local」という名前を付ける。そうすれば、異なるDNSドメインを担当する管理者が、後で「lucy」という名前を使おうとしたとしても、「lucy.anotherdnsdomain.local」といった名前を付けることになる。

2. VMに「lucy」や「lucy.lostcreations.local」といった名前を付けない

 紛らわしいかもしれないが、後者の名前は、上の項目の趣旨にはかなっているものの、この項目の趣旨からすると、不適切ということになる。わたしもシステムに気の利いた名前を付けたいのはやまやまだが、長い目で見ると、VM(と物理マシン)には、サーバの用途を表す説明的な名前を付ける方が、自分と組織の役に立つ。例えば、Webサーバファームを構成するサーバの名前は、「www01.lostcreations.local」「www02.lostcreations.local」「www03.lostcreations.local」とする。

3. ホストサーバとその上のVMの監視と管理にVirtualCenter 2.0.1を利用する

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...