2007年05月21日 00時00分 公開
PR

「VMware Capacity Planner」で最適な仮想環境を診断仮想化のシステム構成案には数値的な根拠が必要

仮想化にはシステムサイジングが欠かせない。しかしそれを経験則だけで計算するには不安が残る。明確なデータの裏づけに基づくシステムサイジングを実施するために、デルでは「VMware Capacity Planner」を利用したアセスメント・サービスで問題を解決している。

[TechTarget]

 サーバの仮想化、仮想環境へのサービス移行といったキーワードが注目を集めているのは周知の事実だ。運用コストの削減や散在するサーバの統合といった、経営者にとってもシステム管理者にとっても魅力的なソリューションである「仮想化」だが、その導入にあたっては、数値的な根拠を持つのが難しかった。

 仮想化により自社のシステムは本当に快適になるのか。最適なハードウェアスペックとはどの程度のものなのか。無駄な投資を無くし最大の効果を得たい企業にとって、仮想化に取り組む際の不安は拭い去れないものだろう。

 この「不安」を払拭するためのサービスとしてデル・プロフェッショナル・サービス(以下、DPS)が提供するのが、ヴイエムウェアのシステムサイジングツール「VMware Capacity Planner」を活用したアセスメントサービスだ。企業にジャストフィットする仮想環境を、数値的な根拠をもって提案する。