Windows Virtual Desktopが実現する「純正仮想デスクトップサービス」とは何かMicrosoftに聞いてみた

「Windows Virtual Desktop」は「Microsoft Azure」で動作するMicrosoft純正の仮想デスクトップサービスだ。このサービスの登場により、DaaS(Desktop as a Service)市場に波紋が広がると予想される。

2018年11月05日 05時00分 公開
[Eddie LockhartTechTarget]
画像 「Micirosoft純正」の仮想デスクトップサービスが及ぼす影響は

 Microsoftは2018年9月、同社の純正DaaS(Desktop as a Service)である「Windows Virtual Desktop」を発表した。パブリックプレビューは2018年末までに開始する予定だ。これにより「Windows 10」と「Windows 7」の完全な仮想デスクトップを利用できるようになる。「Active Directory」などの製品とデータを連携できる利点があり「Microsoft Azure」(以下、Azure)の利用促進にもつながるだろう。

 だがWindows Virtual Desktopは他の競合サービスとどこが違うのか。Microsoftのパートナー企業はどんな影響を受けるか。プライベートクラウドやAzureに仮想デスクトップの展開サービスを提供するNerdioのCEO、ワディム・ウラジミルスキー氏に話を聞いた。

MicrosoftのDaaS提供について

ウラジミルスキー氏 MicrosoftはAzure上で「正規の仮想デスクトップ」を許可することになる。本当の意味でデスクトップOSを利用できるようになるといえる。なぜならば、このサービスはサーバOSを使ってデスクトップ環境を再現するのではなく、Windows 10を実行する本物のデスクトップが利用できるためだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...