2019年04月12日 05時00分 公開
特集/連載

仮想デスクトップに快適さを求めるなら「HCI」でVDIを構築すべき理由ストレージのボトルネック問題を解消する

HCIでVDI環境を構築すると、さまざまなメリットがある。例えばリソースのスケーリングが容易にできる。VDI環境を構築する際は、ストレージの設計に注意する必要がある。

[Alastair Cooke,TechTarget]
画像

 仮想デスクトップの導入を成功させる上で極めて重要な要素は、一貫したパフォーマンスで全てのユーザーに仮想デスクトップ環境を提供することだ。HCI(ハイパーコンバージドインフラ)を利用すれば、VDI(仮想デスクトップインフラ)で重要なストレージの性能を予測可能になり、計画通り迅速にスケーリングできるようになる。

 HCIをVDIに利用する最大のメリットは、ユーザーの増加に応じてノード(サーバ)を追加すると、それに比例して処理能力もスケーリングされる点にある。つまり各ノードで処理するユーザー数を決め、スケーリングの際は必要なユーザー数分のノードを追加すればよい。パフォーマンスの劣化を心配することなく簡単にスケーリングできる。

問題の基になるのはストレージのスケーリング

 VDIのCPU、メインメモリ、ネットワークのスケーリングは単純で、ハイパーバイザーのノードを追加するだけで済む。それと比べてVDI用にストレージを追加するのは、はるかに難しい。小規模なパイロットプロジェクトから大規模な本格運用へとスケールアップすると、ストレージがボトルネックになり、パフォーマンスに深刻な問題が生まれる場合がある。

 その一例として、ある企業のVDIの導入事例を紹介する。この企業が実施した200人のユーザーを対象にしたパイロットプロジェクトでは、パフォーマンスに問題はなかった。そのため、この企業のIT部門は本格運用への移行を承認した。しかし実際の運用環境において2000人のユーザーが仮想デスクトップにアクセスすると、ログインに数時間を要するほどパフォーマンスが低下した。

 この事例における根本的な原因は、VDIに利用するストレージアレイのスペックが、この企業の運用環境を実現できる水準ではなかった点にある。500人以上のユーザーがログインする際に必要なIOPS(1秒間に処理できるI/O数)が不足していた。このストレージアレイのパフォーマンスが、仮想デスクトップのコンピューティング能力に追い付いていなかったのだ。ユーザー数が増加することでストレージのパフォーマンスにどのような影響があるかを予測する手段もなかった。

HCIがもたらすメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...