2019年01月28日 05時00分 公開
特集/連載

HCIではなく、おなじみの従来型データセンターを選ぶべき場面とは状況に応じた技術の選択が必要

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)型よりも従来型のデータセンターを選択する方が賢明な場合もある。本稿では、HCIを避ける理由を幾つか考える。

[John Edwards,TechTarget]
画像 HCIはデータセンターにさまざまなメリットをもたらすが、常に適切とは限らない

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)型のデータセンターがここ数年にわたって注目を集めている。HCIは、自動化の推進、データ保護の強化、技術の習得と管理に必要な労力の削減を可能にする上、コストを下げる可能性も秘めている。ITチームを小規模にし、効率を上げることもできる。

 このようなメリットがあるにもかかわらず、HCIではなく3層構造の従来型データセンターを採用する方が適切な場面もある。

従来型データセンターのメリット

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...