2018年12月25日 05時00分 公開
特集/連載

HCIと従来型サーバはどちらが良い? ポイントは「公平な組み合わせ」置き換えを重視するかコストを重視するか

HCIと従来型のラックサーバはどちらも、データセンターの展開にメリットがある。だが、どちらの設定が簡単かを考えるには計画と準備が必要だ。

[Alastair Cooke,TechTarget]
画像 適切な比較のためにはどうすればいい?

 HCIの真価は運用作業の簡素化にある。HCIは、クラスタ化した内部ストレージを使うため、SAN(ストレージエリアネットワーク)を必要としない。ディスクのグループ化やRAID構成、ファイバーチャネルのネットワークからも解放される。そのため、仮想化プラットフォームへの移行が容易になる。

 これはHCIに限ったことではない。実は従来型のハードウェアでも、設定や自動化を組み合わせることでHCIのメリットを一部実現できる。

ハイパーコンバージェンスと従来型設定の比較

 ITマーケティングでよくある間違いは、新製品と、その製品によって置き換えられるテクノロジーとを単純比較することだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...