2018年12月25日 05時00分 公開
特集/連載

置き換えを重視するかコストを重視するかHCIと従来型サーバはどちらが良い? ポイントは「公平な組み合わせ」

HCIと従来型のラックサーバはどちらも、データセンターの展開にメリットがある。だが、どちらの設定が簡単かを考えるには計画と準備が必要だ。

[Alastair Cooke,TechTarget]
画像 適切な比較のためにはどうすればいい?

 HCIの真価は運用作業の簡素化にある。HCIは、クラスタ化した内部ストレージを使うため、SAN(ストレージエリアネットワーク)を必要としない。ディスクのグループ化やRAID構成、ファイバーチャネルのネットワークからも解放される。そのため、仮想化プラットフォームへの移行が容易になる。

 これはHCIに限ったことではない。実は従来型のハードウェアでも、設定や自動化を組み合わせることでHCIのメリットを一部実現できる。

ハイパーコンバージェンスと従来型設定の比較

 ITマーケティングでよくある間違いは、新製品と、その製品によって置き換えられるテクノロジーとを単純比較することだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

平成の消費に影響を与えたものは「スマホ」「ネット通販」「PC」――博報堂生活総合研究所「消費1万人調査」
博報堂生活総合研究所が実施した「消費1万人調査」より、「平成の消費観・消費行動に影響...

news073.jpg

デロイト トーマツ「Tech Trends 2019日本版」、次世代のマーケティングについて書いてあること
技術そのものよりも、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、それらを使いど...