2018年10月09日 05時00分 公開
特集/連載

「VMware vSphere」の全環境が普及対象にHCIはVMware vSAN、VxRailが好調 Nutanixはソフトウェア中心へ転換

現在のハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場は、VMwareやDell EMCといったDellグループがけん引しているという。強さの源泉はどこにあるのか。

[Dave Raffo,TechTarget]
画像

 調査会社IDCは、2017年度第4四半期におけるハイパーコンバージドインフラ(HCI)のシェア(収益ベース)を、ハードウェアとソフトウェアに分けて評価した。ハードウェアではDell(DellとDell EMCの合計)のシェアが27.8%で、2位Nutanixの19.5%を上回った。ソフトウェアではDell Technologies傘下のVMwareが32.4%でHCI市場をけん引し、2位はNutanixの29.5%だった。

 Nutanixは現在、ソフトウェア中心のビジネスモデルに転換中だ。そのNutanixは、2018年第1四半期の収益が前年同期比41%増だと発表した。

 Dell Technologiesによれば、Dell EMCのHCIアプライアンス「VxRail」とVMwareのHCIソフトウェア「VMware vSAN」は、Nutanix以上に成長しているという。

「VMware vSphere」の存在が強みに

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...