2019年03月30日 05時00分 公開
特集/連載

プレビュー版を提供開始「Windows Virtual Desktop」の衝撃 Windowsをクラウド提供の意味は?

クラウドベースのデスクトップ・アプリケーション仮想化ツール「Windows Virtual Desktop」は2019年後半に提供開始する見込みで、「Office 365 ProPlus」を統合する。

[Jesse Scardina,TechTarget]
画像

 Microsoftは2019年3月21日、デスクトップおよびアプリケーション仮想化ツール「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビューの提供を開始した。2019年後半には一般提供を開始する予定だ。

 Microsoftは2018年9月に開催したカンファレンス「Microsoft Ignite」でWindows Virtual Desktopを発表した。Windows Virtual Desktopはクラウドで実行するデスクトップとアプリの仮想化サービスだ。マルチセッション機能を備えるWindows 10と、オフィススイート「Office 365 ProPlus」が含まれ、同社のクラウドサービス「Microsoft Azure」で稼働する。

ようやく提供開始

 IT分野の調査分析会社Enterprise Strategy Groupでシニアアナリストを務めるマーク・バウカー氏は「多くのユーザーがWindows Virtual Desktopについて『やっと始まる』と思っていることだろう」と語る。

 Microsoftの仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)市場への参入はやや遅れているとしても、Windowsやオフィススイート「Office 365」に慣れ親しんでいるユーザー基盤が大きな後押しになるとバウカー氏はみている。

 「WindowsとOffice 365には強いつながりがある。Windowsがビジネス環境に広く普及していることはMicrosoftにとって有利だ」(バウカー氏)

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。