2009年12月07日 08時00分 公開
特集/連載

Skytapの仮想ラボに見るクラウドサービスの利便性ソフト開発のコラボレーションに威力

Skytapがリリースした開発者向けコラボレーション・クラウド管理ツールは、最新機能によりコラボレーションプロセスが大幅に簡素化された。

[Carl Brooks,TechTarget]

 テスト・開発用のクラウド型仮想ラボを提供する米Skytapは先ごろ、同社の高価なクラウドサービスをクラウド大手のRackspaceやAmazon Web Services(AWS)の安価なサービスと差別化することを目指し、一連の開発者向けコラボレーション・クラウド管理ツールをリリースした。

 これらの新ツールでは、特殊なダッシュボードからユーザーやコンピューティングリソースの管理機能にアクセスできるようになっている。複数の開発者がこのダッシュボードにより、Skytapのクラウド上にあるテスト環境の共有、トラブルシューティング、変更をリモートから同時に行える。

 これまでのところ、Skytapの新ツールは好評を得ている。

 「わたしは北京のチームに業務を委託している。わたしの会社のオフィスはサンフランシスコのベイエリアにある」と、モーゲージソフトウェアを提供するEllie Maeの品質保証(QA)ディレクター、ロン・ユン氏は語った。北京のチームが働いている間は同氏は寝ており、同氏が働いている間は北京のチームは寝ている。しかし、Skytapのツールの最新機能のおかげで、コラボレーションプロセスが大幅に簡素化されたという。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...