2009年12月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ソフト開発のコラボレーションに威力Skytapの仮想ラボに見るクラウドサービスの利便性

Skytapがリリースした開発者向けコラボレーション・クラウド管理ツールは、最新機能によりコラボレーションプロセスが大幅に簡素化された。

[Carl Brooks,TechTarget]

 テスト・開発用のクラウド型仮想ラボを提供する米Skytapは先ごろ、同社の高価なクラウドサービスをクラウド大手のRackspaceやAmazon Web Services(AWS)の安価なサービスと差別化することを目指し、一連の開発者向けコラボレーション・クラウド管理ツールをリリースした。

 これらの新ツールでは、特殊なダッシュボードからユーザーやコンピューティングリソースの管理機能にアクセスできるようになっている。複数の開発者がこのダッシュボードにより、Skytapのクラウド上にあるテスト環境の共有、トラブルシューティング、変更をリモートから同時に行える。

 これまでのところ、Skytapの新ツールは好評を得ている。

 「わたしは北京のチームに業務を委託している。わたしの会社のオフィスはサンフランシスコのベイエリアにある」と、モーゲージソフトウェアを提供するEllie Maeの品質保証(QA)ディレクター、ロン・ユン氏は語った。北京のチームが働いている間は同氏は寝ており、同氏が働いている間は北京のチームは寝ている。しかし、Skytapのツールの最新機能のおかげで、コラボレーションプロセスが大幅に簡素化されたという。

ITmedia マーケティング新着記事

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...

news047.jpg

ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。