2019年12月03日 05時00分 公開
特集/連載

保険会社がレガシーアプリのモダナイゼーションになぜ「EA」を使うのか?クラウドを生かすモダナイゼーション【後編】

クラウドを利用したアプリケーションのモダナイゼーションを進める保険会社Helvetia Insuranceは、エンタープライズアーキテクチャ(EA)ツールを活用している。なぜEAツールを活用するのか。得られた効果とは。

[Meredith Courtemanche,TechTarget]
画像

 多国籍保険会社Helvetia Insurance(以下、Helvetia)は、レガシーアプリケーションのモダナイゼーションに取り組んでいる。そのためにはアプリケーションの全コンポーネントの依存関係を明らかにし、インタフェースを改修しなければならない。

 Helvetiaは、アプリケーションのアーキテクチャやポートフォリオの管理に、エンタープライズアーキテクチャ(EA)ツール「LeanIX」(画面1、2)を使用している。その目的は2つある。一つはアプリケーションのデータと依存関係の現状を可視化すること。もう一つは手を入れるべき箇所を図示して、段階的なモダナイゼーションのロードマップを得ることだ。

画面1 画面1 データフローを確認できるLeanIXのアプリケーションポートフォリオ管理ツール《クリックで拡大》

 「LeanIXは優れた機能を持ち、使いやすいツールだ」と、Helvetiaのエンタープライズアーキテクトであるトビアス・フォーゲル氏は評価する。同社は、ワークフロー自動化サービス「ServiceNow」などのIT管理ツールと連携させるためにLeanIXのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を利用している。ベンダーであるLeanIX社によれば、LeanIXのAPIやWebhook(複数のWebサービスを連携させる仕組み)といった機能は、ITインフラ、システム運用、CI(継続的インテグレーション)/CD(継続的デリバリー)、ドキュメント策定、意思決定に活用できるという。

画面2 画面2 LeanIXのレポート《クリックで拡大》

「Excel」「Visio」では複雑過ぎる管理作業を専用ツールで効率化

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...