2019年04月19日 05時00分 公開
特集/連載

Windows Serverのレガシーアプリを「Docker」に移行、製造受託大手が直面した課題は古いシステムとのギャップをどう埋める?

「Docker」を使い、「Windows Server」のレガシーアプリケーションをモダナイゼーションしようとする企業が直面する課題とは何か。製造受託大手Jabilの事例から探る。

[Beth Pariseau,TechTarget]
画像

 企業のIT部門はコンテナ型仮想環境構築ツール「Docker」を利用し、サーバOS「Windows Server」で稼働するレガシーアプリケーションのモダナイゼーション(現状に合わせた最適化)を進めつつある。だがDockerが、ITスキルの観点において障壁になることがある。

 商用版Dockerである「Docker Enterprise Edition」のバージョン2.1は、「Windows Server バージョン1709」と「Windows Server バージョン1803」を動作環境に含む。これにより2018年11月現在の最新安定版である「Windows Server 2016」で、コンテナオーケストレーションツールを利用できるようになった。Windows Server バージョン1709/バージョン1803は、いずれも「Semi-annual Channel」(半期チャネル)という更新チャネルで提供されるWindows Serverのバージョン。Docker EEバージョン2.1は、以前はなかったWindowsコンテナ用の仮想IPベース負荷分散などの機能を備える。

 このアップデートに併せてDocker社は、いまだに古いバージョンのWindows Serverを運用している企業のIT部門に対して、Windows ServerでDockerを利用するための専門知識を売り込んでいる。具体的な対象は「Windows Server 2003」と「Windows Server 2008」を運用している企業だ。前者は2015年にMicrosoftのサポートが終了し、後者は2020年1月に延長サポートが終了する。

 Docker社は、2017年にレガシーアプリケーション向けの総合プログラム「Modernize Traditional Applications」(MTA)を提供開始した。2018年11月からはWindows Serverのアップグレードに狙いを定め、Windows Serverアプリケーション移行プログラム提供している。このWindows Serverアプリケーション移行プログラムは、同社の専門家によるサービスと、アプリケーション変換ツールおよび参照用アーキテクチャを組み合わせ、Windowsのコンテナ化を実現する。同社は、Windows環境におけるコンテナオーケストレーションを実現するために、2014年にMicrosoftと初めて手を組んだ。それ以来、Windowsコンテナの開発を支援している。

企業におけるDockerへの移行事例

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...